福祉 知識

福祉の知識を深めること

福祉の知識は誰にでも共通認識としてあるものではありません。人によってその認識も異なりますし、考え方にも違いがあります。しかし、その多くは漠然とした知識でありながらも、福祉に貢献することは社会貢献に繋がっている等という考え方から、行動に移すことが多いようです。しかし、福祉に関わる仕事をしている人であれば、それに従事するために一定のレベルの知識が必要になります。そして、なぜ今の世の中にそれが必要なのか、今後どのような形で広がっていけばよいのか、またそれに従事する自分は、どのような気持ちで関わっていけばよいのか、等と常日頃考える機会を持つのです。そういった行動が、より福祉の質を高め、多くの人々にその知識を深めていくことに繋がるのです。