福祉 知識

福祉に仕事に求められる知識

高齢社会が進み、これからの福祉の充実が求められています。体力の衰えから転倒など怪我や骨折の対処もしなければなりません。また、疾患を抱えている方もおおくなることから的確な医学の知識も求められます。そのために専門知識を学んだ福祉のプロフェッショナルがいます。福祉関係の資格は約15種類あります。その中でも、国家資格、公的資格、民間資格などに分けられています。作業療法士や理学療法士、言語聴覚士は主に病院、クリニック併設の老人施設に所属しています。国家資格の必要になる仕事でありより医学の専門的な知識を求められます。介護福祉士は民間資格にあたります。自宅や施設などで介護が必要なお年寄りの心身のケアを行います。すべての国民が人間らしい暮らしができるようにサポート体制が整えらえています。